キャッシングでお金を借りるには総量規制という制度を理解しておかないといけません。主婦の方は消費者金融からお金を借りることができませんので総量規制対象外の銀行系カードローンで借入れの申し込みをする必要があります。

キャッシングと総量規制について

銀行のカードローンなら総量規制もクリア!?

銀行カードローン

1996年11月に始まった日本版金融ビッグバンにより、金融機関同士の垣根が取られて、競争を喚起することになりました。

これまで、規制と保護を受けていた金融システムを自由で透明性の高いものへと、抜本的に改革することを目的としています。

消費者にとっては金融商品の商品選択が拡がり、利便性が格段に向上することになりました。


このように金融業界全体が大きく変貌を遂げる中で、銀行もこれまでの法人を中心としたホールセールバンキングだけではありません。

個人に向けたリテールバンキングへも取り組む必要が生まれてきました。

そこで個人向けリテールバンキングの一貫として、取り組みが始まったのが銀行カードローンといえます。

これまでカードローンを牽引してきた信販系のクレジットカード、更に消費者金融系のカードローンから遅れて銀行もカードローンの事業に注力を始めることになります。


但し、個人向けカードローンのノウハウに乏しい銀行では、事業を素早く立ち上げる為に、外部からのノウハウ吸収が必要不可欠でもありました。

そこで大手バンクを始めとして、銀行は消費者金融と提携もしくはグループ傘下に取り組むことで、個人向けカードローンのノウハウ吸収を図りました。

こうした社会状況の中でスタートをした銀行カードローンです。

これまでの銀行が持つネームバリューや信頼度の高さから、一気に利用者が増加することになります。


また、銀行カードローンの普及にフォローの風となったのが、改正貸金業法に盛り込まれた総量規制の施行になります。

これにより収入の規制から追加借入れが厳しくなった人など、銀行カードローンへ流入する動きが見られるようになりました。

銀行カードローンの利点は、他金融業界と比較しての低金利と、高い借入限度額から、複数の借入れを1つに纏めるなど、借換えに有利な点が挙げられます。

また、最近の流れとしては、流通系銀行やネット銀行が各々の得意分野を活かすことで、急激に勢力を拡大しています。