キャッシングでお金を借りるには総量規制という制度を理解しておかないといけません。主婦の方は消費者金融からお金を借りることができませんので総量規制対象外の銀行系カードローンで借入れの申し込みをする必要があります。

キャッシングと総量規制について

借金することについて

キャッシングやカードローンで借金をすることについて調べてみました。

メリットとデメリットの両面を知って、お金を借りるかどうかを決めましょう。

 

銀行のカードローンなら総量規制もクリア!?

銀行カードローン

1996年11月に始まった日本版金融ビッグバンにより、金融機関同士の垣根が取られて、競争を喚起することになりました。

これまで、規制と保護を受けていた金融システムを自由で透明性の高いものへと、抜本的に改革することを目的としています。

消費者にとっては金融商品の商品選択が拡がり、利便性が格段に向上することになりました。


このように金融業界全体が大きく変貌を遂げる中で、銀行もこれまでの法人を中心としたホールセールバンキングだけではありません。

個人に向けたリテールバンキングへも取り組む必要が生まれてきました。

そこで個人向けリテールバンキングの一貫として、取り組みが始まったのが銀行カードローンといえます。

これまでカードローンを牽引してきた信販系のクレジットカード、更に消費者金融系のカードローンから遅れて銀行もカードローンの事業に注力を始めることになります。


但し、個人向けカードローンのノウハウに乏しい銀行では、事業を素早く立ち上げる為に、外部からのノウハウ吸収が必要不可欠でもありました。

そこで大手バンクを始めとして、銀行は消費者金融と提携もしくはグループ傘下に取り組むことで、個人向けカードローンのノウハウ吸収を図りました。

こうした社会状況の中でスタートをした銀行カードローンです。

これまでの銀行が持つネームバリューや信頼度の高さから、一気に利用者が増加することになります。


また、銀行カードローンの普及にフォローの風となったのが、改正貸金業法に盛り込まれた総量規制の施行になります。

これにより収入の規制から追加借入れが厳しくなった人など、銀行カードローンへ流入する動きが見られるようになりました。

銀行カードローンの利点は、他金融業界と比較しての低金利と、高い借入限度額から、複数の借入れを1つに纏めるなど、借換えに有利な点が挙げられます。

また、最近の流れとしては、流通系銀行やネット銀行が各々の得意分野を活かすことで、急激に勢力を拡大しています。


 

住宅ローンの借り入れ限度額について

総量規制は住宅ローンとも関係してくるのでしょうか?

お金を借りるお父さん


住宅ローンの借り入れをする場合には、借り入れ限度額があります。

借り入れ限度額とは、現在の収入に応じたその人の借り入れが出来る金額となります。

住宅ローンだけではなく、その他に借り入れをしている場合には、その額も借り入れ額に加えられることになります。

車のローンや教育ローン、カードローンなどの借り入れをしていると、それだけ借り入れ額は少なくなってしまいます。

審査にクリアになりにくくなってしまいます。

借り入れ限度額は、シミュレーションを利用することで簡単にわかります。

自分の年収では、どのくらいの借り入れ限度額であるのかを調べたい時には、ネットに掲載されている、シミュレーションを利用すると良いでしょう。

借り入れ限度額内であり、審査にクリアになったとしても、借り入れ限度額に近い額の借り入れをしてしまうと返済するのが非常に大変になってしまいます。


返済の理想としては、住宅ローンの返済比率が年収の25パーセント以内である方が良いとされています。

年収600万円の人が25パーセントの比率で住宅ローンの返済をした場合、年間での返済額は150万円となります。

ボーナス返済を利用することで、毎月の返済は10万円程度となりますから可もなく不可もなくといった印象を受ける人が多いかと思います。

ですが、住宅ローンは、金利により、支払い額が変動することが多いので、できるだけ返済利率を抑えるようにすることが好ましいと言えるでしょう。

総量規制ではなく、与信限度額という観点から住宅ローンの借入れ限度額が決まってきます。

もちろんキャッシングなどの利用が多ければ、それだけ与信限度額は少なくなるのでご注意を。

住宅ローンの借入れについてはこちらのサイトが詳しく説明されています。

>>住宅ローンの借入れ準備

住宅ローンの借入れを検討している人は参考にしてみてください。


 

借金と精神的な負担

借金に悩む女性

借金をして借金返済が滞ってくると、借金をしている金融機関から催促の連絡が来るようになります。

昔は消費者金融でもかなり厳しい取り立てや催促があったので、これを苦に感じて消費者金融から逃げるように家を出ていく人もいました。

最近はこうした取り立てや催促は違法行為となったので、イメージする怖い取り立てというのはかなり減りました。

それでも取り立てや催促が全くないというわけではなく、借金返済ができなくなってくるとそれなりに取り立てや催促というのは受けることになります。


借金をしたのは自分であって借金返済ができなくなったのは自己破産なので、それを言われてしまうと後に言い返すことはできません。

それでも借金をしてしまって借金返済ができない現状を悔やんでも現状が改善されることはありません。

現状を改善するためにも借金返済に向けた具体的な行動に移していく必要があります。


ちなみに借金をしているといつも気持ちの面でどこか負担がかかっているという場合がほとんどです。

こうした借金による気持ち的な負担というのは完済できるまで継続的に続くものなので、人によってはこうした重圧環境が続くことによって借金に対して正常な考えが出来なくなってしまう人もいると言われています。

このような心理状態になってくると完済をするために借金をするといった短絡的な考えで行動に移してしまう場合があります。

借金の重要性や冷静な気持ちを持つことが大事になります。